New Balance ニューバランス

New Balance
ニューバランス

|


伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランス

ニューバランスは、スポーツを愛する人全てを応援するというコンセプトで、ブランド展開を行なっています。 一流アスリートのためだけに特別な製品作りをしたり、超有名スポーツ選手を宣伝に起用したりせず、 自己実現や自分の生活のバランスをとるために、スポーツに取り組んでいるユーザーにむけて、製品作りを行なっています。 製品作りにおいては、ユーザーの足にフィットするということを第一に考え、 足長(length)と足囲(width)の組み合わせでシューズを選べる、独自の「ウイズサイジングシステム」を展開しています。

ニューバランス「名作モデル」たる由縁。

「履き心地が最高」「どんなに歩いていても疲れない」「一歩踏み出した瞬間に違いを実感した」など、数々の靴好きが、その快適さへの賛美を語ります。かのラルフローレン氏をして「雲の上を歩いているかのよう」と言わしめた逸話も伊達じゃありません。それもそのはず、同ブランドは足の医学的な知識を基としたインソール&矯正靴から始まっているんですから。当然、DNAは連綿と受け継がれており、とくにソールへの飽くなき探究心には、ただただ感服するばかりです。パーツ一つ一つに機能があり、それらが皆に愛される走行・歩行性を構築しているんですね。いわば赤身からテール。ホルモンまで、どこもおいしく食せる牛肉。すべての部位に旨みが詰まってるってワケ。で、履き心地重視のモデルは今もアメリカでの生産を続けており、米国でスポーツシューズを製造する唯一のメーカーとなっています。加えてドレス靴さながらに職人の手仕事を大切にしている点もまた、着用感の向上に不可欠なんだとか。一度知ったら二度とやめられない、この体験をあなたも感じてみて下さい。

ニューバランス社の歴史。

1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、ニューバランス社は誕生しました。 社名の由来は、履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらすことによります。 足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解があってこそ可能となる矯正靴の製造。 このノウハウをもとに、60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始します。 そして1972年。6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社を、一人の青年が買い取ります。 青年の名は、ジェームス・S・デービス。現New Balance Athletic Shoe, Incorporated取締役会長です。 理想のランニングシューズを実現するために、自ら走ることで開発に従事した青年は、独創的なシューズコンセプト「インステップレーシング」を確立。 70年代の後半に、それを具現化したシューズを発表するや、ランナーから絶大な支持を獲得します。 以降、伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランス。 その機能性を優先したシューズづくりの姿勢は、この先も決して変わることはありません。

  • New Balance

    N.HOOLYWOOD × New Balance 996

    ¥21,384 税込

    " 数々の名品を生み出してきたN.HOOLYWOOD × New Balance "

    • 在庫なし
  • New Balance

    M990 GL5

    ¥30,240 税込

    " ニューバランスにとって特別な存在であるMade in USA 990から、待望のアップデートモデル「990v5」が登場 "

    • 在庫なし